ファッションデザイナーに必要な資格って?

ファッションデザイナーになりたい場合、資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)は必要ありません。

資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)がなくてもファッションデザイナーにはなれます。

しかし、就職する場合、資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)があった方が採用されやすいので、できれば取得しておくほうがいいです。

例えば、以下のような資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)は就職で使えます。

・洋裁技術検定
・パターンメーキング技術検定
・ファッション色彩能力検定

この三つは全て財団法人日本ファッション教育振興協会が実施中です。

洋裁技術検定は衣服を作る知識・技術、パターンメーキング技術検定は型紙を作る技術を審査する試験です。

ファッション色彩能力検定は色彩の知識などを審査する試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)だと思って下さい。

この他にカラーコーディネーター(ブライダルコーディネーターやアロマコーディネーターといった資格もありますね)検定試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)やファッションビジネス能力検定和裁検定試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)なども就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)に使えます。

基本的にファッションデザイナーの資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)は筆記試験と実技試験(何を行うのかは、その試験によります。いずれにしても、非常に緊張してしまうことが多いですから、しっかりと対策しておいた方がいいですね)の2つがあるため、どちらも合格しないといけないのです。

どの資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)がご自身の役に立つのかじっくりと考慮してから受けてください。バーバリー売りたいよ