知らず知らずに骨盤が歪んでいる?

あなたは自分でも知らないうちに骨盤(歪んでしまった骨盤を矯正するためのグッズがたくさん売られています)が歪んでいると言う事に、気づいているものですか?骨盤は人の体の土台となっており、体を支える大切な部分であるために、骨盤(ゴムのベルトを付けることで矯正できるでしょう)が歪むと体全体のバランスが乱れてしまいます。骨盤は、毎日の生活の中で、生活習慣(毎日繭り返している行動のことをいい、思考や健康状態にも大きな影響を与えます)の癖等により知らない間に歪みを生じてしまっている事が多いのです。骨盤(開き気味でも閉じ気味でも、心身に不具合を生じさせると考えられています)が歪んでいることに気付かずに生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)行う人も少なくないだと言われています。骨盤(リラックスしていると開く、緊張すると閉じるなど、一日の間でも変化しています)が歪んでしまう原因としては、椅子(日本語では?かけともいい、色々な形のものがあります)に座るときについうっかり脚を組んでしまったり、片足に重心をのせて立ったり、長時間の立ち仕事や膝を少し曲げて立つなどの動作です。また、かいものや生活の中で、重い荷物を腰を使用して体全体で持つのではなくて、手のみで荷物を持ったり、床に座った時に足を横に曲げて座ったりするのも、骨盤(寛骨、仙骨、尾骨で構成されており、思春期を迎える頃にそれぞれの骨が癒合して一体化するそうです)のゆがみの原因となってしまいます。こういった事で知らず知らずのうちに次第に骨盤(大腿骨と脊柱の間にある体を支える骨の集合体です)が歪んでくると、体の不調に繋がってしまうのです。骨盤(寛骨、仙骨、尾骨で構成されており、思春期を迎える頃にそれぞれの骨が癒合して一体化するそうです)が歪んでいると、姿勢が悪くなったり、肩こり(僧帽筋や肩甲挙筋などが同じ姿勢を取り続けることにより緊張して血行不良となることで、疲労物質が溜まってしまうことが原因だと考えられています)や腰痛を引き起こしたり、内臓の働きも悪くなってしまいます。その上、骨盤がゆがむことで、新陳代謝(?えると体がだるくなったり、肌のトラブルなどが発生するでしょう)も悪くなるため、むくみや冷え性(日頃の服装や生活習慣を見直すことで改善できるでしょう)、便秘(長く続くと免疫力が落ちてしまうでしょう)などの原因にもなってしまうのだそうです。こういう症状がある場合は、知らず知らずに骨盤(大腿骨と脊柱の間にある体を支える骨の集合体です)が歪んでいるかもしれありませんから、病院や整体(全身の骨格の歪み、ズレを矯正する療法です)で診てもらいましょう。それに、骨盤(リラックスしていると開く、緊張すると閉じるなど、一日の間でも変化しています)にゆがみを生じさせないためにも、日常生活の癖を少し意識しながら改善を行ってみて下さい
グランエンザイム